就職・転職

40代で未経験からの介護士への転職を考えている人へ|現役の介護福祉士が業界のイロハ、本音で語ります!

[st-kaiwa1]こんにちは!アラフォー世代の介護福祉士”ハナ”です。[/st-kaiwa1]

今日は40代・未経験で介護士への転職を考えている人に向けて、この業界のことや

[st-kaiwa1]実際のところ転職活動したところで採用はもらえるの?働くことは出来るの?[/st-kaiwa1]

という気になる部分まで、現場で働いて8年目になる私がQ&A方式で分かりやすく記事にしてみました。

今後介護業界への転職や就業を目指している人の参考になれば幸いです!

ぜひ参考にしてみてください。

40代で介護職未経験でも雇ってもらうことはできるの?

転職活動するにあたっていちばんで気になる部分なのではないかと思います。

でもこの業界は、

やる気と気力さえあれば雇ってもらえる可能性はものすごく高いです。

実際私が以前働いていた施設は、介護職未経験・無資格の40代・50代(!?)の人も積極的に雇っていましたし、正社員雇用も比較的早い段階で話が出ていたようでした。

しかし全ての介護施設がそうであるかといったら、そんなことはありません。

というのも施設によって採用基準が異なることも多く、例えば「未経験者・無資格者誰でもウエルカム!」というところもあれば、「有資格者・経験者のみ」などと施設によって採用基準は様々なので、どのような施設を選ぶかにもよっても基準は異なってきたりもします。

なので未経験から介護職をスタートするようであれば、雇用してもらえる施設はある程度制限がかかってきてしまうかもしれませんが、多くの施設は未経験者・無資格者でも積極的に雇用を行っているのでそこまで心配することもないかと思います!

40代で未経験・無資格で介護業界で働くならどの施設形態がおすすめ?

パートやフルタイム(常勤)など就業形態にもよりますが、個人的におすすめなのは、

「老人保健施設」

「特別養護老人ホーム」

のふたつです。

これらの施設は求人を見ていても「未経験・無資格OK」と謳っているところが多く、実際に「未経験・無資格」でもやる気と気力さえあればフルタイム(常勤)で雇ってもらえる可能性は大です。

また「老人保健施設」や「特別養護老人ホーム」などは、法人が運営しているところも多いので、手当(住宅・扶養等)なども充実しているいるのも嬉しいところ。

中には資格取得手当を出してくれたり、資格取得をした際には「お祝い金」を出してくれるところもあるので、自分の努力次第でお給料を上げることだって決して難しいことではありません。

[st-kaiwa1]ちなみに私の友人が働く特別養護老人ホームでは、介護福祉士手当で月に5万円も出ているそうです!(羨ましい!)[/st-kaiwa1]

なおフルタイム(常勤)で働く場合は夜勤は必須となりますが、身体さえ慣れてしまえば私生活を充実させたり、家族との時間に費やすことも出来るので、日中のみ働く会社員とはまた違った時間の使い方が出来るのではないかと思います。

現場で働く介護職員の年齢層ってどんな感じ?

働くうえでは、一緒に働くことになるだろう職員の年齢層も気になりますよね。

ちなみに私がこれまで働いてきた施設の例を出すと、

10代:ゼロ

20代:ポツポツ

30代:パート世代多め

40代:パート&フルタイムで働く人多め

50代:パート&フルタイムで働く人多め

と、比較的年齢が上の人のほうが多くを占めていました。

30代は子どもが学校に行っている間に出来るパートとして働く人が多い感じでしょうか。

しかし40代以降になってくると、男性介護士・女性介護士含め、フルタイムで働き出す人がものすごい勢いで多くなってくるんですよね。

  • 祖父母の介護の経験をした人
  • 親の介護を経験した人
  • 将来のために技術を身に着けておきたい人

など年齢を重ねたことで見えてきた現実から介護業界への就業を目指して入ってくる人もこの年代では決して珍しくないのです。

40代前後となると、入居(利用)されている利用者さんの子ども世代とあまり変わらなくもなるので、コミュニケーションのとり方がとっても上手ですし、「相手の立場になって介護が出来る」のもまた40代以降の介護士さんの特徴なのではないかと思います。

[st-kaiwa1]ちなみに私は20代後半でこの業界に入りましたが、利用者さんからは孫のように可愛がられることが多かったですね。アラフォーとなった今は微妙な立場ですが・・・。[/st-kaiwa1]

施設で働く職員の性別はどんな感じ?

施設の形態にもよりますが、

「老人保健施設」

「特別養護老人ホーム」

などといった住居型の施設の場合はどちらかというと男女比は半々くらい(常勤職員の場合)でしょうか。

ただ施設によって男女比は異なることも多いので、ハッキリとは言えないんですけどね。

しかしその反対で、

訪問介護

通所介護

などでは逆に女性比率が高くなり、また扶養の範囲内で働くパート勤務の比率も多くなります。

なのでこれも施設の年齢層同様、施設によりけりなのではないでしょうか。

40代から介護士になるメリットとデメリットは?

デメリット

やはりいちばんのデメリットは「体力面」と「金銭面」なのではないでしょうか。

例えば以前私と一緒に働いていた40代男性介護士は、若いころに比べて体力の回復が遅くなったとのことで「1晩寝たくらいじゃ疲れが取れなくなってきた」とリポビタンDに頼る日々が続いていると嘆いていました(苦笑)。

とはいっても、彼は仕事後にジムに行って筋力トレーニングを欠かさなかったりもするので、別の部分で身体を駆使しているじゃ・・・とも思わなくもないんですけどね。

しかし介護の仕事は一歩間違えれば、重大事故にもつながりかねません。

ハッキリ言って経験を積んでスキルを上げるまでには肉体的にも精神的にもかなり疲れます。

でもある程度の経験を積むことで、身体に負担のない介護技術は身につきますし、利用者さんとのやりとりもスムーズになってきます。

どんな仕事でも慣れるまでは、肉体的にも精神的にも疲れるのは同じですしね。

あと「体力面」に加え、気になってくるのは「金銭面」のことではないでしょうか。

やはり40代という年齢もあって家族を養っていかなければならない状況の人もたくさんいるかと思います。

なのでお給料は少しでも高いほうがいい!という人も多いのではないでしょうか?

しかしもし施設などで就業が決まったとしても最初の数週間は夜勤業務に入ることが出来ないので、夜勤手当が入るようになるまではある程度の覚悟が必要かもしれません。

ただこの辺りに関しては、

  • 施設に直接雇われる直接雇用
  • 施設ではなく派遣先に雇われる雇用

によってお給料がだいぶことなってくる場合も多いので、状況によっては直接雇用ではなく、派遣という働き方を選んでも良いかもしれないですね。

例えば介護士の派遣などであれば、時給1700円前後で働けるところも数多くありますし、夜勤専従といって夜勤業務だけをメインに働く方法もあります。

なのでお金の心配があるようであれば、まず最初は派遣として経験を積んで、その後その経験を活かして待遇の良い施設へと転職を考えるのも一つの案かもしれません。

メリット

メリットとしては、介護職としての経験を積んでいくことで、より良い待遇の施設への転職が可能になるということでしょうか。

例えば世間のイメージでは

「介護士=お給料が安い」

と思われがちですが、経験を積んだり資格をとってキャリアアップをしていくことで、徐々にお給料アップを目指すことだって決して不可能なことではありません。

例えば私の友人介護士は都内の高級老人ホームで常勤職員として働いていますが、去年の年収はなんと500万円を超えたと大喜びしていたくらいですしね。

とは言え、お給料事情に関しては地域や施設形態の影響も大きいのかもしれませんが、きちんとした施設さえ選べば介護士だって年収500万円を目指せる時代になってきているのです。

また「介護士」は専門職でもあるので、身体を痛めない限りは職を失うリスクもありませんし、介護業務から離れた立場のケアマネジャーになるという選択枠もありますしね!

それにしても・・・

「何才から始めても遅くない!」ということをこの業界にいると本当に実感させられます。

なので「40代だから・・・」と思わずに「まだ40代だし!」と前向きな気持ちを持って入ってきた人のほうが、この仕事に対してより充実感ややりがいを得られるのではないかと思います!

介護業界を渡り歩くうえで知っておいた方が良いポイント

働く前に知っておいてほしいこととして、この業界は今だ女性が優位に立っている部分が大きいということは、頭の隅に入れて置いてほしいなぁと思います。

もちろん全ての施設がそういう訳ではないのですが、やはり女性が多い業種がゆえ、人間関係のトラブルに巻き込まれてしまう可能性はないとは言えません。

特におばさま職員が多い施設は要注意ですよ!!!

[st-kaiwa1]とは言っても、男性職員がひとりいるだけで雰囲気がコロッと変わったりするのも不思議なところなんですけどね。[/st-kaiwa1]

なので上手く渡り歩くためにも、働き始めはとにもかくにも

ほう(報告)れん(連絡)そう(相談)

は小まめに行うようにしてくださいね。

[st-kaiwa1]この業界では上司よりも同僚のおばちゃんを敵にしてしまうほうが大変なことになってしまいますので!!![/st-kaiwa1]

また利用者さんのご家族様にお会いするときに気を付けたいのが、身だしなみとあいさつの2点です。

このあたり、利用者さんの家族はよーく見ていますからね。

クレームに繋がってしまうと働くうえでの死活問題にもつながりますので、十分注意するようにしてください。

そして最後の一つとしては、やはり介護士として働くうえでもっとも大事にしてほしい”腰”の問題。

介護職の離職理由にも挙げられることの多い腰痛は腰の使い方を一歩間違えるだけで今後の仕事に大いに影響してきてしまいます。

力任せに行うのではなく、身体に負担のない介護技術を身につけて介助するように心掛けてくださいね。

まとめ

現場で働く生の声をまとめてみましたが、参考になる部分はあったでしょうか?

介護職は40代以降であってもやる気と気力さえあればなんの問題もなく勤めることができます。

「遅い」だなんてことは一切ありません。

異業種から転職してきた人もたくさんいる業界です。

安心して来てくださいね!

ということで、以上、現場で働く介護士ハナからのメッセージでした。